ごく普通の精神科医がごく普通の日常を綴っています
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(04/17)
(04/11)
(03/05)
(02/15)
(02/14)
お気軽にコメントください
メモマークは、「返信あります。」のサインです。
[02/01 南国]
[01/09 南国]
[12/15 南国]
[06/13 南国]
[07/03 南国]
コメントは、非公開のものには返信できませんので、ご了承ください。 尚、拍手機能のあとのコメントは、非公開であり、こちらからの返信もできない機能になっています。
子猫時計
かわいい子猫の写真がアクセスのたびに変わります。
本棚
何となくおすすめの本とか、読みたいなと思っている本とかを並べてみました。 お時間があれば、覗いてみてください。
ご訪問ありがとうございます
☆☆☆
[65]  [64]  [63]  [61]  [62]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55

一秒の言葉

3月もいつの間にか、終わりに近づきました。

3月は、別れの季節。。。

見送る人、見送られる人。。。

旅立ち、分岐点。。。

いろいろな想いを胸にこの時期を迎えている方々も多いのではないでしょうか?

 

 

そして、4月は出会いの月。。。

新しい出会いに胸をときめかせている方もいることでしょう。

 

そんな季節に、こんな詞をお届けします。

 

 

『 一秒の言葉 』  小泉吉宏

 

 

「はじめまして」

この一秒ほどの短い言葉に
一生のときめきを感じることがある

「ありがとう」

この一秒ほどの言葉に
人のやさしさを知ることがある

「がんばって」

この一秒ほどの言葉で
勇気がよみがえってくることがある

「おめでとう」

この一秒ほどの言葉で
幸せにあふれることがある

「ごめんなさい」

この一秒ほどの言葉に
人の弱さをみることがある

「さようなら」

この一秒ほどの言葉が
一生の別れになるときがある

一秒に喜び、一秒に泣く。

一生懸命。。。。一秒。。。。

 

 

 

昔、大晦日(?)にSEIKOが、その日だけ流すCMがありました。

1985年の大晦日(?)に一度だけ、放送されたCMで使われた詞です。

 

短い言葉の中に、人はどれほどの気持ちをのせて、相手に伝えることができるのでしょう。。。

短い言葉の中に、人はどれほどの気持ちを相手から受け取ることができるのでしょう。。。

 

言葉を発する側と、受け取る側の想いが、近ければ近いほど、たった一秒の短い言葉であっても、心がふるえる体験として、一生刻まれていくのだと思います。

 

このブログも、開院したときにはじめてから、もう随分経ちました。

その間、お引っ越しもしたりしましたが。。。

長く続けられているのは、「読んでいますよ!」という皆様の応援のおかげです。

ありがとうございます。

 

なかなか、更新も途絶えがちですが、これからも、時には短く、時には長く、その時々の想いを綴っていけたらと思っています。

一言でも、誰かの心に届く言葉が綴れたなら幸せです。

これからも、宜しくお願いします。

 

ちなみに1985年に、放送されたCMは、こちらです。

 

 

 

 

このCMは、2008年にリメイクされているようです。

リメイク版は、こちら。。。

どちらがお好きですか?

個人的には、昔のバージョンの方が、なんとなくしみじみしていて好きです。

 

 

拍手[2回]


お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne