ごく普通の精神科医がごく普通の日常を綴っています
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
お気軽にコメントください
メモマークは、「返信あります。」のサインです。
[02/01 南国]
[01/09 南国]
[12/15 南国]
[06/13 南国]
[07/03 南国]
コメントは、非公開のものには返信できませんので、ご了承ください。 尚、拍手機能のあとのコメントは、非公開であり、こちらからの返信もできない機能になっています。
ご訪問ありがとうございます
☆☆☆
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

新しい時代

新しい元号が決まりましたね。

令和

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ

という意味を込めているそうです。

でも、令 という漢字のもつイメージはやや硬く感じられ個人的にちょっと意味を調べてみました。

令という字は、上の冠を表す象形文字と下の人がひざまずいている様子を表している象形文字が組み合わさってできた会意文字(2つの意味を持つ字が合わさって1つの文字になった文字のこと)だそうです。

なので、いいつける、命じるという、使役の意味をもつらしいです。

一方では、清らかで美しいという意味も。。。

出展は万葉集。。

気高い皇族、貴族の詠み歌だけでなく、名もない人の詠んだ歌もたくさん収録されていて、人をいとおしく想いつつ詠う相聞歌や亡くなった人を大切に想いながら詠む挽歌など。。
万葉集に収められている歌はとても優しい気持ちになる歌がたくさんありますよね。
そんな万葉集を由来とするこの新しい元号。。

清らかで美しい。。その意味をしっかりとどめてみんなで和やかに平和な時代になるといいなと思います。
決して何かに支配されたり、命じられたりすることではなく、ひとりひとりが誰かを大切に想い、自由にそれを表出しながら、小さな愛の波紋がたくさんの愛につながって手をつなぎ合える、そうして柔らかで穏やかな日々が守られていく。。そんな優しい時代がずっとずっと続きますように。。。


初春月、気淑風      初春のこの良い月に、気は良く風はやわらか


「梅花の宴」ではないですが、福島ももうすぐ桜の季節。。
「桜花の宴」で、新しい時代の幕開けを喜び合えたらいいですね。

今年の桜は、一段と綺麗に見えるかな。。ちょっと楽しみ。。笑


ちなみにこんな本も。。



だいぶ前に出版された本ですが、万葉集にある恋歌をいくつか現代風に訳した本です。
読むと大切な誰かに会いたくなる本ですよ。笑
今は中古でしか手に入りませんが、万葉集に興味を持たれた方は、是非どうぞ。
万葉集が身近になります。笑

拍手[1回]

巣立ち

今日は、息子の大学の卒業式。
昨夕、今日着るワイシャツにアイロンをかけながら、きっとこれがあの子のために母として世話を焼く最後になるのだろう。。と思い、いつもより念入りにアイロンを当てた。

ひとつひとつ皺を伸ばしながら、彼が生まれてから今日までの日を思い出した。
彼の名誉のためにここに記すことはできないが、たくさんのエピソードを持つ彼は、親としては時にハラハラさせられながらの日々であった。
当の本人は、いたって飄々とここまでマイペースを貫いてたどり着いたという感じである。

大学になって、通常ならば自宅をでて、一人暮らしをする年頃になっても、幸か不幸か、眼と鼻の先にある大学に、自宅から通い。。
おかげで、弁当づくりの毎日が抜け出すのがだいぶ遅れてしまったけれど。。
4月から始まる一人暮らし。。
もう私のお弁当を持って、出かけることはないのだろう。

そんなことを考えると、やはりどこか寂しさがこみ上げてくる。

みんなには「ちゃんと子離れできるの?」と言われているけど、彼がいなくなった後の時間をどう使うか。。とりあえず少しずつ生活ペースの配分を変えて、なんとかなるんじゃないかな。。と思っている。

仕事を終えて、夕食をとるときの息子との世間話や大笑いがなくなるのはやっぱり少し喪失気分になるかもしれないけれど。。
それでも、それもいつかは慣れてくるんだろうな。。と思っている。

「ごめんね。卒業式、一緒に参加できなくて。。」

「そうだよ!息子の晴れ姿を観に来ないなんて!笑」

冗談で交わしてくれる息子に、心の中で、ごめんねと手を合わせつつ。。

「ま、同業者としていつかわかってくれるよね」とまた冗談をいいながら、卒業式に向かう息子を見送った。

初めての社会人、初めての一人暮らし、初めての医者としての生活。。

いろいろと心配なことはあるけれど、いつのまにか成長している彼を信じて、口や手を出したい衝動を抑えて、見守っていきたいと思っている

卒業おめでとう。

そして、これからもよろしく!



拍手[3回]

ありがとうございます

長ーいお休みのあとのブログ再開。
なかなか読んでいただけなくなっているのでは?と思っていました。
それでも自分の責任なので、地道に続けながらまた読んでいただける方が増えていけばいいな、と思いつつ綴っておりました。
でも、ありがたいことに、直ぐに拍手コメントで、励ましのコメントが数件。
こんなにも長い間、更新していなかったにもかかわらず、待っていてくださった方々に感謝です。
ありがとうございます!
更新ペースは遅いかも知れませんが、楽しみにしてくださっている方々のためにも、今年はなんとか歩き続けたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

拍手[2回]

救急当番

昨日は、市の夜間救急の当番でした。
1年に一度、内科救急のお手伝いをします。

普段は精神科医としてどっぷりと仕事をしているので、内科の診療はかなり緊張します。
でもベテランの看護師さん達がしっかりとフォローしてくださるので、心強い限りです。

だいたいいつもこの時期。。。

インフルエンザが猛威をふるっているので、殆どが高熱の方。。
あとは腹痛、高血圧などなど。。

普段の習性がでて、ついつい話し込んでしまうことも。。
でもいつもの自分のペースでは終わらないので、とりあえず内科診察に没頭。

次々に差し出されるカルテをただただひたすらにこなす感じでした。。(笑)
内科の先生達は、いつもこんなに忙しい思いをしているんだ。。。と感心しつつ。。

あー、やっぱり私は精神科医で良かった。。とあらためて思うのでした。(笑)

拍手[3回]

このところ暖かいを過ぎて暑い日が多いですね。
毎日、気候に翻弄されているような感じです。(笑)

クリニックの近隣の桜も一気に開花して、ほぼ満開に近い状態になってきました。
クリニックの2階からは、医大の土手に植えられたたくさんの桜を観賞することができます。
でも、なかなか私自身は、日中の明るい時間に2階に上がることはないので、自分の家でありながら、タイミング良くお花見ができません。(泣)

みなさんは、この時期、どんな風に桜を観賞されていますか?

「去年は具合が悪くて、いつ桜が咲いたのかもわからなかったけど、今年はゆっくり春を感じることができます。」

笑顔を取り戻した患者さんから、そんな言葉が聞かれるのもこの時期です。

ところで。。。

クリニックの小さな庭にも、桜の木があるのをご存じですか?
あまりにも小さくて、見逃されているかもしれませんが。。。

実は、待合室の一番端の窓からちょっとバラの木の根元をみると。。
小さな小さな桜の木があるのです。

小さいながら、毎年しっかり花を咲かせてくれています。
この木はなんと!
葉桜のあとは、実もつけるんですよ!

今、まさに満開なので、近日中にいらっしゃる方は、見つけてみてくださいね。





拍手[4回]




graphics by アンの小箱 * designed by Anne