ごく普通の精神科医がごく普通の日常を綴っています
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お気軽にコメントください
メモマークは、「返信あります。」のサインです。
[05/16 匿名]
[02/01 南国]
[01/09 南国]
[12/15 南国]
[06/13 南国]
コメントは、非公開のものには返信できませんので、ご了承ください。 尚、拍手機能のあとのコメントは、非公開であり、こちらからの返信もできない機能になっています。
ご訪問ありがとうございます
☆☆☆
[289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279

3月の言葉

流れゆく季節のように
人生にも春夏秋冬がある
冬があってこそ
春の暖かさを感じられるのです

「勇気をだして」 Chie


まだ時々肌寒い日もありますが、東京の桜が満開になるというニュースも聞こえるほどに、福島でも確実にあたたかい日が増えてきました。
クリニックの庭の梅も優しい春の陽に見守られて、すっかり満開です。
さすが春告花と万葉の頃から言われていた花らしく、しっかりと季節の変わりを教えてくれています。

地面には早春を告げる福寿草やクロッカスが咲いています。
水仙もわれもわれもと言わんばかりに寒い冬を越え、待ち構えたように芽を出し、つぼみをつけはじめました。

今年は冬に雪が多くてとても寒い日々が続いていたので、また一段とこの春の訪れがありがたく感じられますね。

さて。。。

3月の言葉です。

クリニックをはじめて訪れる方々の中には、いろいろな辛いことや哀しいことを経験されてまさに寒い寒い冬を我慢してようやくここにいらっしゃる方々もたくさんいます。

でもこの言葉のように。。。
そして、めぐる季節のように、冬のあとに必ずあたたかい春が来ることを信じて、生きていけるといいなと思います。

辛い冬がすぎて暖かい春をたくさん感じられますように、私達も少しでもお手伝いできるといいなと思います。

花壇とデッキにも少しだけですが、花を植えてみました。

待合のわずかな時間に珈琲でも飲みながら、春を感じていただけたらと思います。


拍手[2回]


お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne