ごく普通の精神科医がごく普通の日常を綴っています
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(04/17)
(04/11)
(03/05)
(02/15)
(02/14)
お気軽にコメントください
メモマークは、「返信あります。」のサインです。
[02/01 南国]
[01/09 南国]
[12/15 南国]
[06/13 南国]
[07/03 南国]
コメントは、非公開のものには返信できませんので、ご了承ください。 尚、拍手機能のあとのコメントは、非公開であり、こちらからの返信もできない機能になっています。
子猫時計
かわいい子猫の写真がアクセスのたびに変わります。
本棚
何となくおすすめの本とか、読みたいなと思っている本とかを並べてみました。 お時間があれば、覗いてみてください。
ご訪問ありがとうございます
☆☆☆
[282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272

10月の言葉

10月の言葉

大人はみんな、子ども時代に
ほめてもらった記憶の貯金で、
どうにかがんばってやっているのだ。

  博士の本棚、小川洋子



人は、叱られるより、褒められる方がうれしい。

でも大人になればなるほどに、だれかに褒められることは少なくなります。

できるのがあたりまえ。。。

大人になればなるほど、そんな状況が増えて、がんばってもがんばっても褒めてもらえなくなります。

だから、ちょっとしたことでも褒めてもらえる子供の頃に、たくさんの貯金をしておけるといいですよね。

たくさん褒められた体験は、自分を肯定できる力になり、大人になったときにがんばる力の基本になります。

こどもは、叱るより、ほめて育てよとよく言われるのは、そういうことなんですよね。


「かわゆくば 五つ教えて 三つ褒め 二つ叱って よきひととせよ」

二宮尊徳の言葉だそうです。

褒めること。。。子供の努力を認めること。。。

それは、怒ったりどなったりして育てるよりも、効率よく子供のやる気やがんばる力を育てます。

大人になって褒められることが少なくなっても大丈夫なように、たくさんの褒め言葉をかけてあげたいものですよね。



 

拍手[6回]


お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne