ごく普通の精神科医がごく普通の日常を綴っています
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
(04/17)
(04/11)
(03/05)
(02/15)
(02/14)
お気軽にコメントください
メモマークは、「返信あります。」のサインです。
[02/01 南国]
[01/09 南国]
[12/15 南国]
[06/13 南国]
[07/03 南国]
コメントは、非公開のものには返信できませんので、ご了承ください。 尚、拍手機能のあとのコメントは、非公開であり、こちらからの返信もできない機能になっています。
子猫時計
かわいい子猫の写真がアクセスのたびに変わります。
本棚
何となくおすすめの本とか、読みたいなと思っている本とかを並べてみました。 お時間があれば、覗いてみてください。
ご訪問ありがとうございます
☆☆☆
[242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232

どんな顔?

幼い頃、女の子はどんなに「へちゃむくれ」でも、かわいい、かわいいと言って育てるのがいいのだと、よく母が口癖のように私に話していました。
そうするとその子はよく笑うようになり、笑顔が素敵な子になって、みんなにかわいがられていくのだそうです。

そして、そう言ったあと決まって母は、「晴美もそうして育てたから、笑顔がいいでしょ?」って言うのです。(笑)

ありがたいことに。。。確かに私はよくみなさんに、笑顔を誉めていただける人間に育ちました。
今の仕事に就いて、母が与えてくれたその「笑顔」は私にとって、財産だと思います。
(しかし、残念ながら、その自分の笑顔を私自身はみることはできないのですが。。。)

でも、どこか。。何か。。すっきりしない引っかかりも。。。。(笑)
その前振りのフレーズにこだわってしまうのは私だけでしょうか。。。(笑)
まあ。。それは良しとして。。。

その反対に、何かおもしろくないことがあったとき不機嫌そうにしていたり、叱られて大泣きしたりしていると、いつも母に、いますぐ鏡で自分の顔を見てきなさいと言われたものでした。

鏡に映った自分の顔をみて、不快だと思えば、自然に表情はかわってくるものだと。
そして表情が変われば、いつしか気分も自ずと変わってくるからと。。。。

素直な幼い私は、そう言われてどれどれと泣きじゃくりながら鏡を見に行き、「あ~こんな顔、嫌だな。。」と、母の思惑通り、思うわけです。
結果。。。
泣いたり、怒ったりするのも嫌になって、「かわいいね」って言ってもらえるいつもの笑顔にならざるを得ない。

だらだらと多くを説教するより、効率のいいしかり方だな。。。と今、つくづく母の教育に感心したりします。

通常、感情が表情をつくっていくものですが、実は表情が感情をつくるっていうこともあるのですよね。

悲しいときや苦しいとき、怒っているとき。。。普通は自分の顔をみることはありません。

でも、そんなときちょっと鏡をのぞいてみてはいかがですか?

少し、気分が変わっていくかもしれませんよ。

私は、いつもマイナスの感情が心を支配してしまっているとき、いつも幼い頃、泣きながら見た自分のくしゃくしゃの顔をおもいだして、「あ~きっと今、あの時のように、あんまりいい顔してないよな。。笑って、笑って。。。」と、少しマイナスのトーンを落とすようにしています。
それだけでも、心のありようが変わっていくのですから、不思議ですよね。

こんな気分転換法。。。ちょっと試してみてはいかがですか。



「笑顔」で、思い出した曲があります。

グレープの「笑顔同封」

その人を思い浮かべたときに、いつも笑顔が浮かんでくる人は、それだけで素敵な人だなって思います。

手紙を受け取っただけで、「笑顔」が弾けてこちらもうれしくなるような。。。

笑顔は、人を幸せにして、自分も幸せにするのです。


拍手[3回]


お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne